グリーン ブルー

ピンク
 
ムービー
(約9分)をご覧ください。
 ● 取りり付け方
 ● アラームが鳴ったとき
 ● お手入れ
 ● 注意事項
 
標準センサー
  
 
パッドセンサー
 
ウェットストップは1979年の発売開始以来長年の実績と高品質を実証すべく、世界でも、日本でもベストセラーを誇っています。
お手軽価格の上ご兄弟姉妹にまで長期間ご使用いただけます。きめ細かいサービスを提供していますので、安心してご使用いただけます。
アラーム療法などご相談も受けけております。お気軽にお問い合わせください。


ご希望やご使用環境に応じて、標準のウェットストップ3に、パッドセンサーやウェットストッププラスを組み合わせてご使用いただけます。
ウェットストッププラスをレンタルすることにより、ウェットストップ3を無線式として使用することもできます。オプションとして自分で目覚まし言葉を録音できるボイスアラームも有ります。
※ ウェットストップ3は別途ご購入が必要です。 
ウェットストップ・プラス 付属品
 

<ご注意>
弊社が総代理店として輸入販売しています人気商品「おねしょモニター『ウェットストップ3』」に関し、2011年6月頃より業者などによる並行輸入品が出回っています。パッケージに弊社名のラベルが貼られていない商品はすべて並行輸入品です。ご購入時には十分ご注意ください。並行輸入業者は、あたかも弊社と関係があったり、正規取扱品と同等であると誤解するような説明をしたりするかも知れません。また、並行輸入品には日本語の取扱説明書が無かったり、有っても内容が粗末で適切に使用できないことがあります。実際、並行輸入品を購入された方々より大したことのない事に対しても「サービス対応を断られた」、「買い換えを求められた」ということで、弊社にサービスを求めるトラブルも発生しています。
弊社販売の同製品は日本向けに仕様を変えており、海外仕様とは異なります。並行輸入品に対しては、正規品をご購入されたお客様に対する公平性を保つため、弊社の特典やアフターサービス等を同等に受けることはできません。
特にインターネットでご購入される場合ですが、弊社が出展或いは運営するネット通販のサイトは以下3店のみです。これ以外のサイトで販売されているウェットストップ3は全て並行輸入品です。正規品は医療機関、院内売店、薬局などでもご購入できるところがあります。どのようなルートで購入されても、商品に(株)MDKの社名ラベルが貼ってあることをご確認ください

http://wet-stop.ocnk.net http://www.amazon.co.jp http://item.rakuten.co.jp/cocotte-vert/wet-stop3

<テレビ放映>
おねしょモニター「ウェットストップ3」が2012年10月3・4日に京都テレビとケーブルテレビ(J:COM)で放映されました。

 おねしょモニター
ウェットストップ3

























はじめに

おねしょの治療方法には、大きく分けて生活指導、薬物療法、アラーム療法の3種類があります。おねしょモニター「ウェットストップ3」は、尿濡れを感知した時にバイブレータと音と光でお知らせする機能を持った装置で、アラーム療法に使用します。アラーム療法は、おねしょをした時にアラームで目を覚まさせ、繰り返しておねしょを意識付けることで膀胱に溜められる尿量が徐々に増え、最終的にはおねしょをすることなく朝まで我慢できるようになるといわれ、日本での歴史は新しいですが欧米では1970年代より使用されています。おねしょのタイプなどにより薬物療法と併用することで更に効果を早めることもあります。
*本装置は治療を目的とした補助具です。その効果を高めるための特性を理解されずに、使用中に起こる色々な現象を故障と思い込むことがあります。ご使用前には、必ず取扱説明書および同封の注意書を良くお読みください。ご不明点がございましたら必ず弊社にお問い合わせください。

 
がんばるぞ〜!
アラーム療法は、お子様の「がんばろうという気持ち」が非常に大切です。治癒後、ご購入いただきましたアラーム(破損或いは水濡れしていないこと)をアンケートと一緒にご返送いただきますと1000円の図書カードを進呈する特典が付いています。お子様にやる気を起こさせるためにご利用ください。詳しくは包装内の案内書をご参照ください。
特典でご返却いただきましたアラーム本体は、きれいに仕立て直して新しいセンサーを付けて医師が患者様に説明される際にご使用いただけるよう無償で提供し、アラーム療法の普及に役立てております。

製品の概要と特徴
● 1979年よりの歴史があり、アラーム療法を知り尽くし、人間工学的にも配慮した設計です。
● 本体は小型軽量でパジャマに付けても邪魔になりません。
● 磁石ストラップ採用で、お子さまでもパジャマへの取り付けが簡単です(安全ピン用の穴も付いています)。
● アラームのバイブレータと音の組み合わせを切り替えることができます。
● 標準センサーは、クリップが90度開くため、下着への取り付けやメンテナンス(電極部の洗浄)が容易です。
● 標準センサーは小指の先ほどの大きさで、厚みも8ミリなので、パンツに取り付けても違和感がありません。
● パッドセンサーは感知域が広く、ある程度片寄った少量の濡れや湿りにも対応しています。
● パッドセンサーのサイズは日本人の標準的小児に対応しており、紙パンツや紙おむつに直接取り付けられ、洗濯機で洗えます。
● 電池切れをお知らせします(何もしないのに、時々ランプが勝手に点滅する)。
● ご兄弟・姉妹や再発時など長期に使用できます。
   センサーは消耗品です。経過期間或いは前回の使用状態によりセンサーのみ交換する必要があるかも知れません。


製品の仕様

名称          おねしょモニター・ウェットストップ3
型式          Wet-Stop 3 W103
適合          単4電池 2個、充電式アルカリ乾電池は使用できません。
電池寿命       約2〜3ヶ月(あくまで目安です。アラームの累計および連続作動時間に大きく左右されます
使用、保存環境   温度:10〜40℃、湿度:20〜80%(結露しないこと)
安全規格       CE クラス3
耐用年数       3年
外形寸法(本体)   43 x 68 x 25 (mm)
ケーブルの長さ    910 (mm)
音色          1種類(長短のパターンが変わります)
音量          1段階
バイブレーション   携帯電話とほぼ同等の強度
重量          約88 g(電池を含む
付属品         日本語の取扱説明書(詳細)、注意要領書、クイックガイド、よくある質問・トップ10<Q&A>
             記録カレンダー、金星・銀星シール、日本語以外の6ヶ国語取扱説明書(概要)、
             CD 「The Complete Bedwetting Book」(1枚、英文のみ)
備考          本製品は医療機器に該当しません。


おねしょの治療

生活指導、薬物療法、アラーム療法の3つの方法がありますが、詳しくは以下サイトをご参照ください。

夜尿症の専門医が提供している医療関係者様向けと患者様向けのサイト
(わかりやすく解説されています。)
おねしょドットコム         http://:onesho.com
              
日本夜尿症学会ホームペー http://jsen.jp/guideline/index.htm

アラーム療法
● 生活指導を徹底した上でアラーム療法を実施してください。

● アラーム療法は一種のトレーニングで、おねしょをした時に起こして認識させることにより排尿を抑制させることを目指します。おねしょをした時に起こして排尿させることだけが目的ではありません。また、睡眠中適当な時間に起こして排尿させても(例えば親が就寝する頃に起こして排尿させても)、トレーニング効果はありません。

● おねしょをした時にアラーム(音やバイブレーション)で気付かせ、おねしょを意識付けることにより睡眠中の尿保持力が増大すると言われています。毎日続けているうちに、尿道の筋肉も鍛えられると言われています。膀胱の容量が増大すると共におねしょの量や回数が減少し、おねしょの時間帯がしだいに朝方に移行して、最終的に朝まで維持できるようになります。

● 改善度合の経過を観察するために、おねしょの尿量、回数、時間など観察日誌を書くことをお奨めいたします。

● 改善の効果は、おねしょした時にできるだけ早くおねしょしたことを認識させることができるかどうかである程度決まります。夜尿症の場合一般的に眠りが深く、アラームが鳴っても自分で起きられないことが多いですが、その場合はおねしょをしたことを教えてあげてください。そのため介助者の根気よい協力が必要です。効果の現れは個人差がありますので根気よくお続けください。

● 医療機関に掛からずにご使用の場合は、トレーニング開始後3ヶ月経ってもあまり効果が見られない場合は、医師の相談を受けられることをお奨めいたします。

● 本製品は、幼児のトイレ排泄トレーニングを目的としたものではありません。また医師の指導がない限り、4歳以下の小児に対して使用しないでください。


※ 上記内容は一般的に言われていることです。夜尿症(おねしょ)およびその治療に関してもう少し詳しく知りたい方は以下サイトをご参照ください.
日本夜尿症学会「夜尿症治療ガイドライン」 http://jsen.jp/guideline/index.htm

オネショドットコム(おねしょ卒業!プロジェクト委員会) http://onesho.com


アラーム療法や製品の概要を知っていただくために、先ずはビデオをご覧ください(約8分)。